全国一律送料 250円 or 800円 / 1万円以上で送料無料   藍染、益子焼、大きいサイズのレディース輸入雑貨店「December3(ディッセンバースリー)」

    December3(ディッセンバースリーロゴマーク


    アウター

    アウター

    トップス

    トップス

    ボトムス

    ボトムス

    五感 gokan

    五感 gokan

    倉敷の藍染

    倉敷の藍染

    日本製 帽子

    日本製 帽子

    倉敷の本藍染

    バッグ

    輸入雑貨

    輸入雑貨

    益子焼

    益子焼

    アジアンウォッチ

    腕時計



    トップページ  | 会社概要  | 決済・配送  | 返品について  | お洗濯について  | お問い合わせ  | 買い物かご  | 購入後の返品もOK!安心してお買い物ください

    未精製シアバター100g

    当店一番人気の通常では売られていない無添加
    未精製シアバター100g。保湿力抜群で医療・介護
    飲食分野のお客様に大好評です!!

    五感トリプルガーゼ

    某「通販生活」雑誌でも大好評だった肌触りが
    抜群にいいトリプルガーゼブラウス。どんな体型
    の方もおしゃれに包み込むシルエットが人気

    藍染 倉敷

    大人気の五感オリジナルガーゼ生地を本藍染で
    有名な倉敷市で一点一点手染めしています。
    着心地はもちろん藍染の風合いが魅力です

    益子焼

    茶色の器の印象が強い益子焼を若手デザイナー
    が現代のデザインで作った人気商品。電子レンジ
    やオーブンなども使用可能な料理を引き立てる器

    シサムコウボウ ピンタックスカート

    腰回りに施されたピンタックが抜群にきれいな
    シルエットを実現!ウエストはゴムなので履き心地
    もよくナチュラルコーデには欠かせない逸品です




    店舗案内

    【小樽本店】
    小樽市稲穂2−14−1
    都通りアーケード内

    0134-22-9973
    am 10:00 〜 pm 7:00

    【マルヤマクラス店】
    札幌市中央区南1条西27丁目1−1
    マルヤマクラス2F

    011-621-8433
    am 10:00 〜 pm 8:00


    【新札幌 カテプリ店】
    札幌市厚別区 厚別中央2条5丁目7番
    カテプリ 2階

    011-398-3367
    am 9:00 〜 pm 9:00



    ブログ毎日更新中!

    インスタグラム毎日更新中!

    rss atom

    マル秘!体型コンプレックス別克服術



    その1・・・首が短め・太めの人


    長くスッキリ見せるポイントは、襟の形やネックラインです

    ○似合うもの
      ・首を長くすっきり見せる襟
      ・Vネック
        Vで切り取られた胸のほうまで、首が続いているような錯覚をねらう
        Vネックといっても種類は豊富なので顔型や体型に合わせて選びましょう
        面長の人はさみしくなりがちなのでスキッパーがおすすめです
        << スキッパーとは >>
        重ね着のように見える襟元のデザインを特徴とするセーターのことです
        Vネックあきに襟がついたニットやカットソーも同様に呼び
        Vネックに襟がついているので寂しい印象にならずシャープな感じがでます
      ・Uネック
      ・ボート・ネック
        前身と後ろ身の縫い目が鋭角で比較的顔型を選びません
      ・オフ・タートル・ネック
        首を覆わない立ち気味の襟
        首回りがゆったりとあいたものは、鎖骨が出るので首を細く長くみせてくれます
      ・テーラードカラー  << 男物の背広に用いられているような型の襟 >>
      ・襟ぐりが広く開いた開襟シャツ
      ・丸顔の人は、ボタンを留める位置を調整してみてください

     カラー
       タートルネックを選ぶならダークトーンがおすすめです

     アクセサリー
       ロングネックレス一番すっきり見える長さを見つけてみましょう

    ▲×避けた方が良いもの
      ・タートルネック
      ・ハイネック
      ・ボウカラー    << 襟ぐりに長めのバンドカラーがつき、前で蝶(ちょう)結びする襟のこと >>
      ・スタンドカラー  << 立ち襟 >>
      ・ピエロカラー
        フリルの付いた襟のことで、幅広のひだ襟や、立ち襟がフリルになったものなどの総称
      ・首や手首に幅広のひだ襟が付いているもの
        個性的なデザインは首元が重苦しい印象になることがあります

     アクセサリー
     ・チョーカー
       首にぴったりつける形式のものは首周りに視線を集め、
       ネックレスの線が長く感じられ、そのため首が太く見られることがあります

    ページトップへ




    その2・・・肩幅が広い・いかり肩の人


    ポイントは、肩を強調するデザインは避け、他の部分に視線をそらしたり、
    襟、袖などのディティールとのバランスを考えることです

    ○似合うもの
     肩幅が広いので肩線を強調しないものを選ぶのがポイントです
      ・Vネックのシャツ、ブラウス、ドレス
      ・ラグランスリーブ、ドルマンスリーブ
        肩がどこからどこまでといった印象がうすく、肩幅の広さを感じさせません
      ・袖山が中側(ネック寄り)のデザイン
        袖山が中側に寄ったデザインは、その分、胸や背の幅が狭くなり、肩幅が狭く感じます
      ・襟ぐりの大きいデザイン
      ・マニッシュ(男性的)なスタイルでは、「なで肩」よりも「いかり肩」のほうがおすすめです

     アクセサリー
      ・つばのある帽子
       つばと肩の広さのバランスの問題つばが広いと肩幅を感じさせません

    ▲×避けた方が良いもの
     肩パットや肩に飾りがあるものなど肩を強調するデザインは避けたほうが無難です
      ・首の詰まったタートルネック、ハイネック
      ・肩を強調するホルターネック
      ・ボートネック
        前身と後ろ身の縫い目が鋭角でより肩幅が広く見えてしまいます
      ・パフスリーブ  << 肩先や袖口をギャザーなどで絞ってふくらませた袖 >>
      ・幅の広いボーダー

     アクセサリー
       つばのない帽子つばのないタイプだと頭の幅と肩幅の対比で肩幅が広く感じます

    ページトップへ




    その3・・・肩幅が狭い・なで肩の人


    ポイントは、肩を強調するデザインは避け、他の部分に視線をそらしたり、
    襟、袖などのディティールとのバランスを考えることです

    ○似合うもの
      ・肩に飾りのあるものや肩パットなど、肩を強調したデザインが似合います
    ヨーク切替写真   ・小さめの襟
      ・Vネック
      ・ボートネック
      ・ヨーク切り替えのあるデザイン →→
      ・パフ・スリーブなど、肩先や袖口をギャザーなどで絞ってふくらませた袖

     襟から肩までの距離の問題
       小さめの襟、Vネック・ボートネックは肩幅が狭い印象を薄めてくれます
        ・肩パット
          肩線の補正や強調の為に、服の型にいれるもの。「肩幅の狭さ」や「なで肩の高さ」が補正されます

    ▲×避けた方が良いもの
      ・大きめの襟
      ・ラグラン・スリーブ
      ・袖山の位置が内側(ネック寄り)のデザイン
      ・タートル・ネックや大きい襟ぐり
      ・タンクトップ・キャミソール・ビスチェ
      ・硬くごわつきのある素材の服
      ・サイズが大きめでだぶっとしたイメージのもの

     襟から肩までの距離の問題
       大きめの襟は、襟から肩までの距離が狭くなり、狭さを強調してしまいます
        ・袖山
          袖山が中側に寄ったデザインは、その分、胸や背の幅が狭くなり、肩幅の狭さが強調されてしまいます

    ページトップへ




    その4・・・腕が太い、二の腕が太めの人


    太い腕を、細くすっきり見せるには、袖のデザイン・袖丈がポイントです
    できるだけ模様のないシンプルなデザインを選びましょう

    ○似合うもの
      ・ゆとりのある袖、長袖
      ・短い袖丈を選ぶ場合は、できるだけ肘下まであるもの
      ・七分袖
      ・ダブル・カフス
      ・袖口が折り返しつきで二重になっているもの
        袖口に分量があるので手首がほっそり見えます
      ・縦のストライプ柄

     腕の着やせの基本は
       『太い部分を隠し細い部分を見せる』ことです
       七分袖やダブル・カフスがこれに当てはまります

    ▲×避けた方が良いもの
     肩パットや肩に飾りがあるものなど、肩を強調するデザインは避けたほうが無難です
      ・腕にフィットするデザイン
      ・一番太いところまでの袖丈
      ・ノー・スリーブ
      ・パフ・スリーブ
        二の腕が太いとその分袖口に太さを要し、目に付きやすく、太さを感じてしまいます
      ・ボーダー
        横方向の縞状の柄は、横の広がりを強調してしまいます

      ノー・スリーブで腕を出す場合は、たてのラインを強調する工夫をしてみてください

    ページトップへ




    その5・・・バストが大きい人


    ぴったりしたものより、ややゆとりのあるデザインを選ぶと良いでしょう
    上半身を強調しないコーディネートを心掛けましょう

    ○似合うもの
      ・胸元に飾りのないシンプルなデザイン
      ・襟元の開いたVネック
      ・袖丈はバストと同じラインのものは避ける

     袖丈は大事
       胸元のデザインばかり気にしがちですが、袖丈は意外と目線をそらす効果があります
       すっきりしたデザインを選らびましょう

    ▲×避けた方が良いもの
      ・リブ編みのニットやカットソー
      ・胸元にフリルやレースなどの飾りがあるもの
      ・バストラインにギャザーのあるデザイン
      ・タートルネック
      ・袖丈はバストと同じラインのものは避ける
      ・パフ・スリーブ
        バストの横にボリュームのある袖があると、大きいバストがさらに迫力を増してしまいます

      ノー・スリーブで腕を出す場合は、柄などで縦のラインを強調する工夫をしてみましょう

    ページトップへ




    その6・・・・バストが小さい人


    ○似合うもの
      ・肩ヨーク下やヨーク切替えでギャザーやタック、ドレープのあるデザイン
      ・ゆったりとした、ブラウジングしたデザイン
        ブラウスやシャツなどを太いベルトなどで締め、ウエスト上部をふくらませた感じにすること
        このようなデザインはバストに自然なふくらみができるので効果的です
      ・胸にパッチ・ポケットがあるシャツ、ジャケット
      ・パッチポケット
        胸部分にこのポケットがあると胸に厚みを感じさせることができます
        代表的なアイテムには、サファリシャツ、サファリジャケットなどがあります

    ▲×避けた方が良いもの
     襟ぐりの広いデザイン、Vネックや開襟シャツなどは避けたほうが無難です   ・リブ編みのニットやカットソー
        リブ編みとは、ゴム編み、畦(あぜ)編みのこと
        伸縮性に優れた編み方なので身体にぴったりフィットします
        バストが大きいと強調されますが、小さいバストをカバーすることはできないアイテムです
      ・袖山の位置が内側(ネック寄り)のデザイン
      ・身体にぴったりとしたデザイン
      ・タンクトップ・キャミソール・ビスチェ

    ページトップへ




    その7・・・ウエストが太い人


    その太さを目立たせない為、ウエストラインの見せ方とウエストから視線をそらすのがポイントです

    ○似合うもの
      ・ローウエストにアクセントを置く
      ・ブラウジングを利用する
        ウエストにかかる部分にふくらみのあるアイテムを選び曖昧にする
      ・プリンセス・ライン
        上半身はぴったりとフィットし、ウェストからはギャザーやフレアーでふんわりと広がったスタイルのドレスのこと
      ・ルーズフィットのスタイル
      ・ウエストを絞ったジャケット
      ・チュニック
      ・ヒップ・ボーンスカート  << 腰骨で支えてはく、ズボンやスカート >>
      ・立体感のあるスカート
      ・自然な縦のラインがでるフレアースカート
      ・マリンパンツ

     ベルト
       ゆるめに腰骨の位置がおすすめです。

     ジャケットのウエスト位置
       自分のウエストと同じか少し上にあるのがベストです
       きれいなウエストの絞りはウエストを暗示させるので効果的です

     視線をそらす作戦
       肩や首元にアクセントをもっていき視線をそらすのも効果的です
       裾に動きのあるスカート、マーメイドラインなど動きのある裾ラインには視線が集まります

    ▲×避けた方が良いもの
      ・ギャザースカート
      ・ウエスト位置にポイントのあるデザインのスカート
      ・ミニスカート
      ・股上が深いパンツ
      ・タック入りの股上が深いパンツ

     ギャザーはくびれの敵
       ギャザー・スカートはとにかく太くみえます
       タックはギャザー同様ボリュームが出て太く見えます

     股上が深いパンツ
       腰回りがどっしりと見え、ふけて見えるので要注意です

    ページトップへ




    その8・・・おなかが出ている人


    カッコよくおなかの出っ張りをカバーするコツは、全体をルーズにしないことです
    腕や脚などスリムな部分はフィットさせて強調し、
    お腹にかかる部分はブラウジングのふくらみで曖昧にするのがおすすめです

    ○似合うもの
    ポイントは、全体のメリハリでカッコイイバランスをつくるということです

     トップス
      ・肩からストンとストレートに落ちるライン
     ボトムス
      ・ウエストを締めすぎないデザイン、ローウエストのタイプを選ぶ
      ・切替えのあるデザイン、かさね風のデザインのスカート
      ・プリーツスカート
      ・ひだの折り山にステッチをかけたプリーツが施されているものは比較的カバーできます
     シルエット
      ・ストレート・シルエット
      ・ワンピースはルーズ・ウエストのものを選ぶ

     ポイント
       最近のパンツやスカートは美しいラインの研究がなされ、工夫された裁断やデザインのものが多いので
       切替えと自然な縦のラインがでるようなアイテム選びがポイントです

     視線をそらす作戦
       肩や首元にアクセントをもっていき視線をそらすのも効果的です
       フレアースカートなど、動きのある裾ラインには視線が集まります

    ▲×避けた方が良いもの
      ・ニットやジャージなど身体にフィットする素材
      ・おなかの出具合にもよるが、ヒップ周りが細身でフィットするボトムス
      ・股上が深いパンツ
        腰回りがどっしりと見え、ふけて見えるので要注意です
      ・タック入りの股上が深いパンツ
     ジャケット
       ヒップが隠れるくらいのジャケット丈では、おなかはカバーできず前が開いた時に余計目立ちます。
       おなかの半ばまでのショート丈のほうが裾が開いた時に目立ちません。(微妙なバランスなので注意が必要ですが…)
       逆に前が開かないトップスはおなかの上で終わるような丈、
       おなかの上で横に切替え線のあるものは強調されてしまいます
     スカート
       ひだの折り山にステッチをかけたプリーツが施されていないプリーツスカートは
       下腹の出ている部分だけひだ山がなくなり丸みが強調されてしまいます

    ページトップへ




    その9・・・ヒップを美しくみせる


    ○似合うもの
     ウエストを締めすぎないデザインを選ぶ
      ・ウエストを締めすぎるとヒップの大きさが目立つ
        下がり気味の場合は、後ろから見たときウエストからヒップまでの距離が長く見えバランスが悪いです
     ローウエストのタイプを選ぶ
      ・プリーツスカートは、ローウエスト部分まで縫込みのあるデザインがすっきり見えます
      ・ヒップ上部に切替えのあるデザイン
     カラー
      ・トップに明るい色、ボトムには暗い色(収縮色)が効果的
     素材
      ・ハリのあるしっかりした素材で、身体につかず離れずのフィット感のあるストレッチ素材

     ヒップを美しく魅せるコツ
       ・フィットさせるところとルーズに見せるところのメリハリをつける
       ・全体をルーズにしないで、ヒップの一番高いところをフィットさせ、そこから下は、くい込まないようゆとりを見せる
       ・縦のラインを強調するシルエットを意識する
     視線をそらす作戦
       ・肩や首元にアクセントをもってくる
       ・フレアースカートなど、動きのある裾ラインには視線が集まる

    ▲×避けた方が良いもの
      ・全体にぴったりフィットのスリムパンツ
      ・ニットやジャージなど身体にフィットする素材
     ジャケット
      ・ヒップの最大の部分とジャケットの裾が同じラインになること。これが一番ヒップを強調することになる。
      ・ヒップが隠れるくらいのジャケット丈は、上半身が重くなるので身長とのバランスを考える。ヒールのある靴などで工夫を

    ページトップへ




    その10・・・脚(足)が太めの人


    脚を思い切ってみせる派
     脚を思い切って見せる場合のスカート、靴選びです
     太めの脚は思い切って見せた方がスッキリ見える派の、脚をスッキリ見せるポイントは、「丈」

    ○似合うもの
     スカート
      比較的だれにでも似合うのがひざが隠れるくらいの丈ですが、脚の長さや形など人によって違うので
      ひざ丈を基準に自分の脚が一番細く見える丈を見つけましょう
     台形スカート
      腰周りは自然にフィットし裾に向かって自然に広がるシルエットです
      太ももの太さをカバーし(もちろんヒップも)、裾が広いことで相対的にふくらはぎが細く見えます
      比較的ハリのある素材が体型カバーとしてよいでしょう
     セミフレアスカート
      シルエットは、台形スカートよりも少し裾広がりで動きがあります
      フェミニンなイメージのものが多いアイテム。素材は、ストンと落ち感のあるものがきれいに見えます
      その他、マーメイドスカート、アシンメトリーなスカートなども比較的脚をきれいに見せるラインです
     タイツやストッキング
      濃い目の色で、スカート〜タイツ〜靴は同系色が◎

     意外と知られていないのが靴のデザインと脚の見え方
      靴のデザインによっても脚の見え方がガラリと変わるってご存知でしたか?
      では、想像してみてください
        ・たくましい脚に華奢なデザインや細いヒール
        ・立派な脚に小さく見える、先の丸いデザインの靴
      どちらもたくましい脚が更に立派に見えてしまいますバランスです
      靴を買う時には、靴のデザインだけで選ぶのではなく脚とのバランスを考えて選びましょう
      脚をスッキリ見せるときには 「靴は大きく、つま先からかかとまでは長い」 ほうがバランスが良いのです
      細いヒールよりも太いヒールの方が後ろから見たときふくらはぎの太さをカバーすることができます
      逆に、「脚を隠して細く見せる」には、華奢なデザインが有効な時もあるので、上手く使い分けできるといいですね

    ▲×避けた方が良いもの
      ・一番太い部分でとまる丈
      ・タイトなミニスカート
      ・脚にピッタリする素材
      ・上げ底の重い感じの靴

    脚を隠すスタイル派
     ロングスカートで脚をかくす場合、重い印象にならないようにすることが一番重要
     素材は、落ち感のあるもの、脚にフィットしない素材を。着やせの大原則として

     細い部分=足首 をみせるのが鉄則!

    ○似合うもの
     パンツ選び
      パンツ選びでのオススメはクロップドパンツやストレート、ブーツカットのシルエット
      クロップドパンツ
        クロップドパンツのような短め丈は、フルレングスにはない軽快さが魅力
        気になるふくらはぎまではしっかりと隠し、細い部分=足首を見せることで脚全体を華奢に見せます

     細く見せるパンツのライン・シルエット
      ブーツカット
        ふくらはぎがちょうど隠れる丈のブーツカット
        ブーツカットは、太ももは、自然にフィットし、ひざから裾にかけて自然に広がるシルエット
      ストレート
        ストレートは太もも部分から裾までがほぼ同じ幅のシルエット
        センタープレスや縦のストライプなど、縦のラインを強調するものを選ぶとすらりときれいに見えます
      トップスの丈
        ヒップが隠れるくらいのトップスの丈は、上半身が重くなり、したがって全体がズドンとしたイメージになってしまいますので
        身長とのバランスを考え、ヒールのある靴などで工夫をしましょう

    ページトップへ




    おすすめ商品







    E-mail :december3@shop.rakuten.co.jp
    TEL&FAX : 0134−22−9973   営業時間:10:00 〜 18:00
    北海道小樽市稲穂2−14−1 (有)ディッセンバー3  担当:鈴木 謙吾

    詳しくはこちらをご覧ください。